本文へスキップ

介護資格の取得は、介護のお仕事をする際に有利なのか、よくある質問をまとめてみました。就職や資格取得の際に参考にしてみてください。

電話でのお問い合わせは0770-72-4747

〒919-2224 福井県大飯郡高浜町薗部49-3

介護資格と就職Nursing Care Qualification and Employment

介護職員初任者研修は就職に有利

介護資格の取得は就職に有利?

ずばり、間違いなく有利です。
なぜなら意外にも介護職は資格社会。持っている資格によって行えるサービスの制限があったり雇用する事業所などにもスタッフの配置基準もあるためです。

また、採用側によっては面接だけではその人の一部分しかわからない中で、介護の資格を持っているということは、介護の仕事に興味がある、働く意思があるとプラスの判断にはなっても、マイナスになることはないかと思えるからです。

だからといって老人ホームやデイサービスなどの介護スタッフは、必ずしも介護の資格がいるわけではありません。 但し、正社員での就労を希望される場合には特に資格の保持は有利になります。


介護・福祉事業所の採用者側からみた介護資格者の優位性

介護・福祉関連は他の職種より求人が多くあるから、無資格でも採用してくれるのではと思いそうですが、当社も介護事業を行っているのでわかるのですが、採用する側にとっては、何も知らない人よりは少しで知っている人を選びたくなるのが必然です。

社員教育を実施する際も、専門用語の疎通や技術的な面でも教養の下地のある有資格者の方が理解されやすく、また、直接利用者様に触れる機会多い介護の仕事では、安全面はもちろん精神面での配慮も必要なため、実際には有資格者を優先されている事業所が多いのが実情です。

もちろん資格だけあっても実践や経験、熱意がともなわないと上手くいかないことも多いため、必ずとはいえませんが・・・。


無資格で介護・福祉事業所に就職された方のご意見を踏まえて

無資格の方で介護・福祉事業所に就職された方からよく聞くのが、研修期間がいつまでもあるわけでもなく、実践での研修が中心となるため「ケガをさせないか心配」「これで正しいの?」「制度的なことはわからない」との声をよく伺います。

有資格者でも実践面で未経験者であれば同じなのではと思いますが、やはり事前に知っている、練習していることで不安の大きさが異なります。

実際に就労後間もなく養成講座を受講されている方の多くが「今まで自分のしているサービスの意味がわからなかった」「あっそう言うことだったんだ」との 「そこ気を付けないといけないんだ」などのご意見を伺うことからも、不安な気持ちの軽減のためにも事前準備ができる資格を取得してからの就労がおすすめです。

ちなみに当社の介護職員初任者研修では基本的な知識と技術だけでなく、訪問介護とデイサービスの実習もあります。介護職といっても実は多様な形態があるため一部分ですが実際の現場を見た後、仕事選びができる側面でも資格取得は就業に有利なのでは・・・。


介護・福祉事業所の採用者側からみた介護資格者の優位性

  • 事前に心の準備ができる
  • 採用の判断をする際に無資格者と比べ有利
  • 身体介護が可能など職種や就労時間帯の選択幅が広くなる
  • 実際の現場を体験(実習)でき、スタッフに話も聞ける
  • 他の受講生と意見交換ができる

補足ですが、介護資格の取得は介護の知識と基本が学べるので、介護職の就労に限らず自分自身にもプラスになるので無駄にはなりません。誰でも歳を重ねることは 必然のことですし、ご家族の介護も決して他人事ではなく、知っていることで少しは余裕が生まれると思いますので。

また、一般的に介護業界は人手不足といわれている中で、社員教育する側も人手不足なのは否めないところ。自分の身を守る部分でも教養は武器になるかと思いますよ。